ホーム > 'はじめての方へ'

ホームページ制作

コンピュータ業界では、次々と新技術や新サービスが生み出され、それがひとつヒットすれば、たちまち関連業界どころか社会環境までガラリと変わってしまうほどの影響力を持つ世の中になりました。

最初の大変革はもちろんインターネットの登場です。これによりあらゆるビジネス環境どころか社会環境までも大きく影響を受け、商用利用が開始されてからわずか20年で私たちの生活には欠かせない存在となっています。

ほんの10年前まではインターネット上で物は調べられても、物を買うという行為には大半の人に抵抗があったと思われます。しかしながら、現在ではB to C(消費者向け電子商取引)の市場規模は6.7兆円、B to B(企業間電子商取引)では131兆円もの取引が行われており、今なお右肩上がりで成長を続けているのです。(経済産業省『平成21年度電子商取引に関する市場調査』より)

ちなみに我が国を代表するトヨタ自動車が世界一を達成した時の売上高が26兆円(2008年3月期連結決算発表)、パナソニックの売上高が7.8兆円(2009年3月期決算)ですから、インターネット上の商取引がいかに大きな数字で、私たちの生活にも十分に浸透しているのがわかります。

統計の数値はインターネット上で実際に取引が行われた実数のみが計上されており、ホームページを見て来店(来社)し、「直に商品を買った」、「サービスを受けた」、「契約に繋がった」という数値は当然盛り込まれていません。なかなか表には出にくいこのような効果を合わせて考えるとインターネットでビジネスをプロモーションする効果は計り知れないものと言えるでしょう。

ホームページを作るということは、この土俵で勝負をするということです。「そんな大げさな・・・」と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、インターネット上の商取引(目に見えない効果も含めて)が成長を続けていても、日本の経済成長率はここ数年マイナス成長を続けています。ということは、売上を伸ばしている会社やお店があると同時に売上を減らしている会社、お店があるということですから、せっかく作るなら前者の仲間入りしなければ意味がありません。

もちろん、そのためには克服しなければならないことが沢山あります。刻一刻と変化していくインターネットの技術やサービスを効果的に利用することはその一歩ではありますが、やみくもに新技術や高価なサービスに飛びつけばいいというものでもありません。インターネットは決して万能ではなく、ホームページの運用ひとつとっても、実は結構手間隙がかかるものなのです。へたをすればコスト倒れに終わるケースも決して少なくはありません。

インタライズではこのような事情を踏まえた上で、まずは皆様の業界、ビジネスを真摯に学び、状況、コストなどを考慮しながら、皆様のインターネット上でのビジネスを成功へと導く最適なソリューションが提案できるワンストップサービスを目指しております。

まずは、ホームページから・・・

立ち上げたばかりの個人事務所で、微力ではありますが、どうぞよろしくお願いいたします。

ホームページ・ブログ制作のご相談フォーム