ホーム > サービス案内 > ホームページ制作

ホームページ制作

ユーザー目線で伝わるデザインを作ります。

デザイン要素

その会社やお店のイメージまでも左右しかねないのが、ホームページのデザイン。たまたま訪問して頂いた一見さんを顧客として惹きこむためにも、訴求効果の高いデザインでお迎えしたいものです。ただ「美しい」とか「かっこいい」だけではなく、快適なユーザー体験を提供するデザインを制作いたします。

インタライズが考える良いデザインとは?

  • 会社や製品、サービスのイメージが反映されていること。
  • ターゲットとするユーザー層の趣向性を考慮すること。
  • 見やすい構成、わかりやすい表現を実現すること。

訴求効果の高いコンテンツを作成します。

コンテンツとは、内容のことを指します。ホームページで言えば、会社やお店、サービス、商品などの情報ということになりますが、これらを伝える手段として用いられるのがまず「文章」です。

ホームページ内で使われる割合が最も高いのがこの「文章」ですが、これだけでは伝わりにくいこともあります。そこで写真やイラストといった「画像」を添えることでよりわかりやすい表現が実現し、さらには、「ムービー」や「アニメーション」を使用することでより高い訴求効果を望むことも可能です。

標準でSEO対策を施します。

どんなに素晴らしいホームページを作っても、より多くに人に見てもらえなければそのホームページの目的は達せられません。そして、「より多くの人に見てもらう=アクセスを増やす」ためには検索エンジン(SEO)対策が不可欠です。SEO対策とは、「特定のキーワード」で検索したときに、検索結果の上位に表示されるようホームページを最適化させることを指します。

SEOの主な対策は、例えば、『最適なキーワード選定し、ページ内に適切に埋め込むこと』、『正しい文書構造、Web標準に準拠(XHTML+CSS)したページ作成を行うこと』、『コンテンツ(内容)の質と量を最適化すること』など、ホームページの企画、制作段階で施工できることがあります。これらは一般的に「内部対策(施策)」と呼ばれていますが、当社のホームページはこの「内部対策(施策)」を施したホームページを制作いたします。

WEB標準に準拠したXHTML+CSSで制作します。

「WEB標準」とは、WWW(インターネット)技術の標準化を推進している「W3C」と呼ばれる団体によって定められたホームページ制作のガイドラインです。このガイドラインに沿ってホームページを制作する利点は、「検索エンジンとの相性がよく検索上位に表示される確立が高まること」や「構造がシンプルであるため、ページのカスタマイズが容易になること」などが上げられます。

ホームページ・ブログ制作のご相談フォーム